読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきを追いかけて。

地に根を張る年。

Feeling 22


22歳になりました。

 

実はお誕生日大好きなわたし。

会う人会う人に「Happy birthday!」と声をかけられ、1日中にやにやしていました。

 

1、2時間ごとにこんな感じ...

f:id:yukakitajima:20160423062322g:plain

...だったので、彼には、「ちゃんとお祝いしてあげなきゃ」というプレッシャーがたくさん降りかかっていたと思います(笑)

 

まず、週末は一緒にフォーマルに行き…

f:id:yukakitajima:20160423062925j:plain

週明けからはお互い課題やお仕事に追われて。

 

タイミングを見ては、それとなく、プレゼントを用意してくれてるのか探っていたのですが、(だって、できることなら反応可愛く受け取りたい)「お金がないから用意できなくてごめんね」の一点張り。

「そっか〜、それならしょうがないね」なんて言いながら、わたしはお誕生日当日に心理学の大きいテストがあったので、それに向けて前日の夜はせっせと試験勉強をしていました。

 

5分前くらいからそわそわしだして、0時になった瞬間、「Happy birthday~!」と満面の笑みでお祝いしてくれて、そのあとはまたしばらくお勉強して。

 

ようやく終わったので、またわたし、こうなる。

f:id:yukakitajima:20160423062322g:plain

 

「プレゼントあるよ(*^o^*)」と満面の笑みで取り出してくれたのは、

f:id:yukakitajima:20160423065525j:plain

2010年ものの赤ワイン、テディベア、エアレーター、ワインボトルオープナー。どれもこれも、わたしが大好きなもの、ほしかったものばっかり!

 

ひとまず試験のために早く寝て、お誕生日当日、試験とミーティングを終えて帰ってきたわたしを待っていたのは、またまた満面の笑みの彼と、薔薇の花束。

 

8本の真っ赤な薔薇の花言葉は、

I love you and am grateful for your caring and support.

http://www.pureseed.com.my/flowertalk-roses-noより) 

 

「花言葉なんて知らなかったよ〜」って笑っていたけれど、この11ヶ月のふたりにぴったりだと思いました。

 

そのあとは、一緒にパスタをつくって食べて、ムーランを観て、ワインをたっぷり飲んで、たくさん思い出話をして。

 

飲みつぶれることも、それどころかバーに行くこともなく、ゆったりまったり。こういうのも、わたしらしい、です。

日本にいる母からカードも届いて、素敵なお誕生日でした。

 

 

お祝いメッセージを送っていただいた皆さん、ありがとうございました(*^o^*)

離れていても支えてもらっているのをあらためて実感しました。

 

22歳、良い年にします♡