読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきを追いかけて。

「実」の年へ。

Adventure of a Lifetime 6: Rome

旅行記も終盤に差し掛かってきました♡

 

今までの旅行記はこちらから*

 

 

ニースから電車に揺られて着いた先は、ローマ!

f:id:yukakitajima:20160622141549j:plain

途中で、まさかの豪雨ならぬ豪雹に見舞われて、一時はローマのお天気大丈夫かな…と心配になりましたが、着いた頃には晴れてくれました。晴れ男・晴れ女説、ますます強し!

 

今回泊まったところは、こちら!

バチカン市国まで、徒歩5分ほど。ローマの中心地までは徒歩20分ほど。

立地がとっても良いとは言いづらいですが、夜は静かで、快適でした。

 

 

1日目は、ローマの中心地へ…。

f:id:yukakitajima:20160622143428j:plain

パンテオンに行ったり

f:id:yukakitajima:20160622143530j:plain

トレビの泉に行ってしっかりお願いしてきたり

f:id:yukakitajima:20160622143607j:plain

f:id:yukakitajima:20160622143638j:plain

(彼が何をお願いしたかは全然教えてくれない…。)

街中を歩いたり。

お昼ごはんは、念願のパスタ♡ カルボナーラとボロネーゼ、美味しかった〜…。

もちろん、ジェラートも食べましたよ!今回は、ティラミスとレモン。できるだけ、新しい味に毎回挑戦したいと思いつつ、やっぱりその土地その土地で採れるフルーツや有名なお料理をモチーフにしたものを食べたくなります。

 

でも、この時点で、旅の疲れがそろそろ溜まってきていて、早めにお家に帰りました。

いったんゆっくりしたあとは、またしてもパスタ♡

f:id:yukakitajima:20160622144433j:plain

f:id:yukakitajima:20160622144444j:plain

白ワインとのマリアージュが最高で、夢心地な気分になりました♡

 

 

2日目は、バチカン市国へ!

f:id:yukakitajima:20160622150104j:plain

ほんとうはサンピエトロ大聖堂も入ってみたかったけれど、バチカン美術館と、システィーナ礼拝堂を訪れたら時間がいっぱいいっぱいで…。

美術館と礼拝堂はセットになっていて、チケットやツアーの勧誘がわりとしつこいですが、普通に列に並んでも入るまでにそんなに時間はかかりません!それよりも、入ってから、が、とーーーーっても長いので、わりと根気が必要です。朝一から行くのが、断然おすすめ!

f:id:yukakitajima:20160622143406j:plain

 お昼ごはんは、毎朝お店で手作りをするというパスタ屋さんで食べました。1皿5〜6ユーロくらいで、とってもお得です!麺ももちもち。

この時点でふたりとも疲れきってしまって、いったんお家へ。

 

コロッセオが見たいね!真実の口も見たいね!ってグーグルさんで調べてみたら、なんとコロッセオが閉まる時間が3時。この時点ですでに2時50分…。

泣く泣く諦めました。

それでもお散歩目的で中心地まで足を伸ばしましたが、なんと、真実の口までゲートで塞がれていました…。

なんで調べなかったんや〜 ( ; _ ; )

 

そのぶん、ゆっくり川辺をふたりでお散歩しました。

そうしたら、たまたま、川のほとりでマーケットみたいなのを開催していました。

キャンドルやクリスマスライトで柔らかく温かく灯った川沿いに、ずらーーーっとレストランや雑貨屋さんが。みんな、思い思いに夜を過ごしていて…♡

わたしもこういう空間や時間の使い方を文化として根付かせたい!と、なんだか、燃えちゃった。

 

f:id:yukakitajima:20160623013019p:plain

 

夜ごはんは、agnolottiをふたりでシェア。もちろんワインもオーダー♡

手作りだそうで、生地がもちもちでした*フィリングもしっかり味がついていて、美味しかった!

 

 

 

せっかく行ったローマ。見たかったものの半分も見れず、旅の疲れがきたのか、ちょっとふたりの仲がぎくしゃくしちゃったけど、そのぶんしっかりとお互いのことをもう一度思いやることができたし、ふたりのことをまた見つめられました。

うん、旅だからこそ、せわしない日常から少し離れるからこそ、こういうことができるのです。贅沢な時間の使い方だなぁ。

 

 

今までで行ったなかで、いちばん、「ヨーロッパっぽい」街だったのが、ローマです。

食べ物も美味しいし、街中が歴史的建造物で溢れているし、ほどよく観光地、ほどよくローカル。

 

とってもとってもおすすめです♡

 

 

次は、最終目的地、フィレンツェ!

…と、その前に、一瞬寄り道します!