ときめきを追いかけて。

地に根を張る年。

献立決めって難しい( ´_ゝ`)

朝からThe Office (U.S.)を観てて号泣しました。最終回は彼が(もうすでに観たのに)一緒に観たいらしくって観るのを我慢しているけれど、それに繋がるエピソードを3つくらい観て涙が止まらなかった……。

f:id:yukakitajima:20170603044649j:plain

最初はなかなかはまるまでに時間がかかったショーだけど、今では大好き。話題づくりにも英語学習にも完璧、です。

 

お仕事探したり、メールの整理をしたりしていたら、あっという間に午後4時。お買い物に行かなきゃと思いつつ、なかなか重い腰が上がらない〜。昨日は牛肉の切り落としがスーパーに見つからなかったから、プラン変更でポークチョップとグレイビーソースをつくったらなかなか好評だったのですが、今日は何をつくったらいいのかな…。

この1ヶ月の献立がほぼ被っていないのは我ながら褒めてあげたいところなのですが、日本とはやっぱり手に入る食材が全然違うからいろいろ試行錯誤しなきゃいけない部分は大きいし、毎日何をつくるか考えるのって大変です。大学時代も自炊はしていたけれど、面倒になったらカフェテリアもレストランもあったからそこに逃げればよかった。それに、一人分じゃなくって二人分つくって、お片付けも全部して……っていうのがなんとなくの心の負担なのかな、やっぱり。世の中の主婦/主夫の方々はすごいなぁ。そのなかでも、毎回5品くらいつくってくれていたママは特にあらためて尊敬。

彼がおなかすいた完璧なタイミングでできたてのお料理を出したいから、下準備と仕上げを別々にやったり、あたたかいお料理と冷たいお料理を分けてつくったり、作りながら洗い物も済ませたり、っていうのを考えながら手を動かすのって意外とエクササイズ。幸い彼は「ありがとう」と「美味しいよ」を言ってくれるのでお料理もする甲斐があるけれど、もしも仮に当たり前だと思われてたらちょっと悲しいし、せっかく用意して待っているのに急に「今日はやっぱりいらない」なんて言われたら落ち込んだりいらいらしたりする、っていう世の中の意見もよくわかるなぁ、と、上のツイートから飛べる記事を読んで思ったり。

 

まぁ何が大事って、結局は、一緒に住んでいるんだから互いへの思いやりや気遣いなのかな、って思います!

……って、昨日、やっとアメリカでも視聴可能になったテラスハウス アロハステート パート3を観てますます思いました。

 

 

今、彼からちょうどテキストメッセージが入って、帰ってきてから一緒に献立考えようねって言ってくれたから、今日は甘えることにしよーっと。

 

 

 

みなさん素敵ないちにちを。