読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきを追いかけて。

「実」の年へ。

節目を、きちんと。

昔から、節目が大好きです。

 

新年をきちんと迎えるために、部屋中を掃除して新しいお洋服を見につけたり。

別にそんな好きでもない七草粥を心待ちにしたり。

お雛祭りの数日前から飾られるお雛様は必ずうっとり見つめて、わたしの名前入りのオルゴールを毎日こっそり鳴らしたり。

新学期に備えてあれこれ買ってきたり手帳にいろいろ書き込んだり。

別に気にしてないよって感じでクールに決めてるお誕生日が実は大好きだったり。

母の日や父の日は照れくさくもお手紙を書いて、両親のお誕生日や結婚記念日にはサプライズでプレゼントを渡したり。

冬至には秋刀魚とかぼちゃのたいたんを食べて柚子風呂に入って冬の訪れを存分に楽しんだり。

クリスマスはやっぱり童心にかえってわくわくしたり。

 

…こうやって並べてみると、昔からほんとうにほんとうに、節目、というか、行事ごとというか、儀式的なものが大好きです。

1年を通して節目があると、やっぱりそのたびにしゃきっと気持ちが切り替わるんですね。

 

アメリカでは9月が学年の初めです。

来学期のスケジュールも決まり、お家も決まったところで、最近は絶賛、断捨離モードに入っています。

まだ充分使えるけどもう使わないもの、まだ充分着られるけどもう袖を通すことはないもの、は、すべて、学校内にあるリサイクルショップに持っていって、

その他のショップには出さないほうが良いクオリティのものは、リサイクルにまわすか、さようならして、

過去に書いたペーパーで残しておきたいものはすべてPDF化してGoogle Driveにアップロードし、ワード文書や紙媒体は処分します。

 

大きいダンボール箱4つ分くらいを片付けたところで一旦休憩中。残りは週末などに少しずつ時間を見つけて綺麗にしていく予定です…。

 

 

お部屋も身の回りもすっきりしたら、手帳を広げて思考の整理を。

今年からスケジュールはすべてグーグルカレンダーで管理するようになったので、この手帳は落書きやメモや切り抜きを貼ったりするのに使っています。ぱらぱらと見返してみるとそのときに考えていたことが浮き彫り出てきておもしろいです。

ちなみにこの手帳、使いやすいサイズ、しっかりした材質、たっぷり書ける容量にも関わらず、お値段もとってもお手頃なのでおすすめです。わたしはブックカバーを付けて使っています。

 

 

 

実は、あと3時間で22歳になります。

アメリカと日本は時差があるので、お誕生日が1日半くらいある感覚になりますね(*^o^*)

 

どんな年にしようかな。今からわくわくです*